信長の欲望信長の野望嵐世紀のスピードクリアに挑戦のコーナー。当然、難易度はすべて「上級」です。
シナ
リオ
大名 クリア
期間
初期
武将
初期
名声
初期
城数
11th 織田信長 7ヶ月 63 333 10
10th 武田信玄 9ヶ月 29 221 7
9th 織田信長 9ヶ月 63 333 10
8th 織田信長 4ヶ月 139 882 34
7th 毛利元就 14ヶ月 19 147 4
6th 真田昌幸 18ヶ月 6 152 1
5th 織田信長 19ヶ月 12 129 2
4th 織田信長 23ヶ月 12 129 2
3rd 上杉謙信 22ヶ月 29 257 6
2nd 本願寺証如 35ヶ月 6 127 3
1st 毛利元就 31ヶ月 19 147 4

基本戦略について
兵は拙速を尊ぶ。

基本政治戦略:序盤から常に戦い続ける。身内の武将を軍団長とし、多方面で戦い続ける。多少無理っぽくても戦いを仕掛ける。けっこう勝つ。忍者は使わない(資金がそこまで回らない)。銃や大砲は使用しない(金が足らなくなる)。むしろ売り払って軍資金にする。内政では登用を重視し、武将数を早めに増やす。開墾など不要。他人の領土を奪えばよい。国人衆とはすばやく親密になる。家宝を持っている武将を打ち首にし、家宝を強奪して売り払い、軍資金とする。むしろ、家宝を持っている大名家から狙う。家宝を持っている武将は、配下になったら家宝を没収し、配下にならなかったら問答無用で打首(残酷)。外交では「脅迫」を多用するが、進行ルートの妨げにならないように注意。

基本戦闘戦術:荷駄は一切つかわない。気合で何とかなる。頼りない指揮官はサッサと城に籠もって二度と出ない。城がないときは「回避」で逃げまくる。余裕がないときは相手の指揮官だけ狙うが、余裕があれば敵武将の捕獲を狙う。諸勢力が味方の時は、自軍の武将数は1〜3人で充分。数で下回っていても、あきらめない。おとりでおびき出し、「強攻」を使用させ、気力を消耗させる。こちらの「強攻」は多用する。防御時には、自軍の数が1/5でも工夫次第でもちこたえられる。門がある城の場合、おとりをつかって数部隊ずつ郭内におびきよせ、各個撃破する。やばくなったら、中立の諸勢力拠点を攻撃し、ギャンブル。二人以上の大名が治める国の場合、なるべく一挙に潰せるよう、城の回り方を考慮。

廃屋譚に戻る
11th:信長の本望ふたたび
シナリオ3:織田信長
1570年 4月 姉小路(美濃飛騨の桜洞城)従属。
南信濃(武田)平定。
紀伊(鈴木+畠山)平定。
山城(足利)平定。
5月 浅井(近江の小谷城)従属。
畠山(摂津河内の高屋城)従属。
甲斐(武田)平定。
摂津河内(本願寺+三好)平定。
阿波(三好)平定。
伊賀(森田)平定。
6月 戸沢(羽後の角館城)従属。
相模伊豆(北条)平定。
伊予(西園寺+河野+三好)平定。
播磨(赤松+別所)三木城+上月城攻略。
越中(神保)富山城攻略。
7月 姉小路と畠山が臣下に。
伊達(羽前の尾浦城+米沢城
    陸前の岩出山城+白石城)従属。
岩城(磐城の大館城)従属。
那須(下野の烏山城)従属。
小田(常陸の土浦城)従属。
結城(下総の結城城)従属。
朝倉(越前若狭)従属。
一色+波多野(丹後丹波)従属。
山名+南条(因幡但馬)従属。
三浦+赤松(美作)従属。
筒井(大和)従属。
三好(讃岐)従属。
武蔵(北条)平定。
日向(伊東)平定。
備前備中(宇喜多+浦上)平定。
越中(椎名+上杉)平定。
相模伊豆の小田原城を奪われる(北条)。
配下の伊達が陸中(葛西)を平定。
8月 二本松(岩代の二本松城)従属。
白川(磐城の小峰城)従属。
畠山(加賀能登の七尾城)従属。
有馬(肥前の日野江城)従属。
一条+長宗我部(土佐)従属。
肝付(薩摩大隅の高山城)従属。
龍造寺(筑後の勢福寺城、肥前の佐嘉城)従属。
浪岡(陸奥の浪岡御所)従属。
佐竹(常陸の水戸城+太田城)従属。
佐野(下野の宇都宮城)従属。
羽後(安東)攻略。
日向(島津)平定。
豊前(毛利)門司城攻略。
安芸備後(毛利)新高山城+吉田郡山城攻略。
臣下の伊達が陸前(葛西)を平定。
9月 白川が臣下に。
本願寺(加賀能登の石山御坊+大聖寺城)従属。
毛利(周防長門、出雲石見の浜田城+月山富田城
    安芸備後の日野山城)従属。
小野寺(羽後の横手城)従属。
南部(蝦夷陸奥の石川城+三戸城)従属。
小寺(播磨の姫路城)従属。
蒲池(筑後の柳川城)従属。
島津(薩摩大隅の内城+出水城)従属。
蘆名(岩代の黒川城+須賀川城)従属。
尼子(出雲石見の山吹城)従属。
里見(上総安房)従属。
磐城(相馬)平定。
肥後(大友)平定。
豊前(城井)平定。
南越後(上杉)平定。
相模伊豆(北条)再統一。
配下の有馬が松浦に滅ぼされる(肥前の日野江城)。
配下の龍造寺が大友に破れる(肥前の佐嘉城)。
配下の南部が最上(羽前)を滅ぼす。
配下の徳川が武田を滅ぼす(駿河遠江)。
配下の那須が上杉に滅ぼされる(下野)。
10月 大友(豊後、筑前の立花山城+岩屋城
    肥前の佐嘉城)従属。
秋月(筑前の古処山城)従属。
千葉(下総の佐倉城+小弓城)従属。
松浦(肥前の平戸城+日野江城)従属。
由良(上野の館林城)従属。
下野(上杉)平定。
北信濃(上杉)平定。
上野(上杉)平定。
北越後(上杉)平定。
初期武将:63
一門武将:5
名声:333
城:10
大名政治98、統率82、知略95


結果:トータル7ヶ月で全国統一

 9thチャレンジと同じ条件。結果的に2ヶ月短縮できた。最初の月に姉小路家を従属させたり、2月目に浅井家を従属させたりと、早めに外交で動く。脅迫していちど従属させたら、貢ぎ物で友好度を早めに上げておくとよい。金1000で友好度10、家宝の最上等品で友好度が20あがる。
 九州には、紀伊→阿波→伊予→日向の最短ルートで上陸。伊予と日向を基地にして攻略。やはりこれが一番はやいようだ。東北はやはり羽後の戸沢家を臣従させ、そこを基地にするのが最速だろう。
 中国地方へは山城→摂津河内→播磨→備前備中→安芸備後とすすむのが最速だが、元就を打ち首にしてしまえば毛利家は従属しやすくなるので、早めに元就を捕獲する。
 北陸の強敵は本願寺だが、証如、教如を打ち首にしてしまえば従属させることができる。
 中部では信玄と謙信が強敵。今回のプレイでは信玄との直接対決は一度もなかった。南信濃と甲斐を奪った以外は、謙信と家康が勝手に撃破してくれた。問題は謙信。いつもなら簡単に従属させることができるのだが、今回は信玄を破ったのか調子にのって領土を広げ、簡単に従属させられない。謙信との直接対決は8〜10月まで3度あったが、柴田勝家と蜂須賀小六が討ち死にの憂き目にあった。まあ、そこで戦力を削いでおいて、3度目に30部隊+国人で攻め込んでやっと倒す。その倒し方もたいへんで、第一陣で織田家の10部隊の全滅と引き替えに謙信部隊を150まで減らし、第二陣で国人の全滅と引き替えに謙信部隊を80まで減らし、第三陣でようやく謙信を撃破。少なくとも30部隊はないと謙信は倒せないようだ。

(2001.8.21)


10th:信玄の熱望
シナリオ3:武田信玄
1570年 4月 美濃飛騨(織田)平定。
武蔵(北条)平定。
5月 近江(織田)朽木谷館+観音寺城攻略。
相模伊豆(北条)平定。
美濃飛騨(姉小路)平定。
6月 山城(足利)平定。
駿河遠江(徳川)平定。
近江(浅井+朝倉)平定。
上野の箕輪城を奪われる(由良)
7月 尾張(織田)平定。
伊勢志摩(織田)平定。
摂津河内(本願寺+三好)石山御坊攻略。
三河(織田+徳川)平定。
8月 摂津河内(畠山)平定。
丹後丹波(波多野)平定。
紀伊(鈴木)平定。
上野(由良)箕輪城+館林城攻略。
9月 戸沢(羽後の角館城)従属。
斯波(陸中)従属。
二本松(岩代の二本松城)従属。
佐野(下野の唐沢山城)従属。
小田(常陸の土浦城)従属。
千葉(下総の結城城)従属。
赤松+三浦(美作)従属。
三村(備前備中の鶴首城)従属。
有馬(肥前の平戸城+日野江城)従属。
阿蘇(肥後の岩尾城+人吉城)従属。
肝付(薩摩大隅の高山城)従属。
播磨(小寺)平定。
因幡但馬(山名+南条)此隅城攻略。
越前若狭(朝倉)平定。
越中(本願寺)平定。
阿波(三好)平定。
下野(宇都宮)平定。
10月 阿蘇、有馬、戸沢が臣下に。
蒲池(筑後の柳川城)従属。
西園寺+河野(伊予)従属。
十河(讃岐)従属。
上杉(南越後、北越後の栃尾城、北信濃の飯山城
    上野の沼田城)従属。
相馬(磐城)従属。
山名+南条(因幡但馬)従属。
秋月(筑前の古処山城)従属。
伊達(羽前の米沢城+尾浦城、陸前の白石城)従属。
大崎(陸前の岩出山城)従属。
南部+浪岡(陸奥)従属。
葛西(陸前の寺池城)従属。
蘆名(北越後の新発田城、岩代の須賀川城+黒川城)従属。
小野寺(羽後の横手城)従属。
長宗我部(土佐)従属。
里見(上総安房)従属。
備前備中(宇喜多+浦上)平定。
筑前(大友)平定。
日向(島津)平定。
加賀能登(本願寺)平定。
下総(佐竹)平定。
羽後(安東)平定。
11月 西園寺と山名が臣下に。
龍造寺(肥前の佐賀城、筑後の勢福寺城)従属。
蝦夷(蠣崎)平定。
佐竹(常陸の水戸城+太田城)従属。
最上(羽前の山形城)従属。
安芸備後(毛利)平定。
薩摩大隅(島津)平定。
豊後(大友)平定。
周防長門(毛利)平定。
出雲石見(毛利)月山富田城+浜田城攻略。
島津に日向の肥城を奪われる。
12月 豊前(毛利)平定。
出雲石見(尼子)平定。
日向(島津)再統一。
肥後(大友)平定。
初期武将:29
一門武将:6
名声:221
城:7
大名政治100、統率122、知略112


結果:トータル9ヶ月で全国統一

 武田信玄でプレイするのは初めてだが、強い。家臣団の強さが目立つ。結果的には9thの信長と同じ9ヶ月での統一に成功。
 初期状態が信長に劣るにもかかわらず同じ期間で統一できた理由として、ひとつには信玄と家臣団の強さが挙げられる。もうひとつの理由として、一門武将が信長には5人しかいなかったのに、信玄には6人いたことである。これでけっこうスピードが変わる。
 もうひとつ、九州地方の攻略を工夫したことが大きいかもしれない。九州地方の攻略の手始めに、肥後の阿蘇家、肥前の有馬家を臣下とする。ここを基地として九州地方の制圧にかかれば、中央から順番に延びていくよりもスピードは上がる。
 もうひとつの理由は、武田信玄を相手にせずにすむことである。9thの織田信長に限らず、いつも必ず最後には信玄が立ちはだかる。この難敵を相手にしないですむことが、信玄をもつことの最大のメリットかもしれない。
 ちなみに上杉謙信は野望が低いためかアッサリと従属してくれるので、結局いちども刃を交えることがなかった。
 しかしこうなると、3rdチャレンジの上杉謙信が22ヶ月も要しているのは何なのか。人間は発達するものだ。

(2001.8.20)


9th:信長の本望
シナリオ3:織田信長
1570年 4月 南信濃(武田)平定。
紀伊(畠山+鈴木)平定。
山城(足利)平定。
5月 甲斐(武田)平定。
阿波(三好)平定。
美濃飛騨(姉小路)平定。
6月 武蔵(北条)平定。
伊予(河野)平定。
越中(神保)平定。
7月 戸沢(羽後の角館城)従属。
下総(結城+千葉)平定。
日向(島津)平定。
加賀能登(本願寺)平定。
8月 常陸(佐竹)平定。
豊後(大友)平定。
摂津河内(畠山+本願寺)平定。
越前若狭(朝倉)一乗谷城攻略。
近江(浅井)平定。
下総(里見)佐倉城を奪われる。
9月 戸沢が臣従。
大崎(陸前の寺池城+岩出山城)従属。
伊達(陸前の白石城、羽前の米沢城)従属。
二本松(岩代の二本松城)従属。
那須(下野)従属。
白川+相馬+岩城(磐城)従属。
波多野+一色(丹後丹波)従属。
別所+小寺(播磨)従属。
山名+南条(因幡但馬)従属。
赤松(美作)従属。
三好(讃岐)従属。
一条(土佐の中村御所)従属。
有馬(肥前の佐賀城+日野江城)従属。
筒井(大和の筒井城)従属。
下総(里見)再統一。
豊前(城井)城井谷城攻略。
薩摩大隅(島津+龍造寺)攻略。
羽後(安東)檜山城攻略。
配下の筒井が大和(松永)平定。
配下の徳川が駿河遠江(武田)平定。
10月 里見(上総安房)従属。
蠣崎(蝦夷)従属。
浪岡+南部(陸奥)従属。
小野寺(羽後の横手城)従属。
蒲池(筑後の柳川城)従属。
秋月(筑前の古処山城)従属。
阿蘇(肥後の人吉城+岩尾城)従属。
安芸備後(毛利)平定。
豊前(毛利)平定。
薩摩大隅(島津)平定。
南越後(上杉)平定。
羽前(最上+上杉)平定。
配下の三好が宇喜多に滅ぼされる(讃岐)。
配下の一条が長宗我部に滅ぼされる(土佐)。
配下の有馬が日野江城を奪われる(肥前)。
11月 上杉(北信濃、北越後の栃尾城、上野の沼田城)従属。
蘆名(岩代の須賀川城+黒川城、北越後の新発田城)従属。
毛利(周防長門、出雲石見の浜田城+月山富田城)従属。
尼子(出雲石見の山吹城)従属。
龍造寺(筑後の勢福寺城)従属。
備前備中(浦上+宇喜多)平定。
筑前(大友)平定。
肥後(大友)平定。
土佐(長宗我部)平定。
配下の上杉が上野の館林城(武田)を攻略。
12月 上野(武田)平定。
相模伊豆(北条)平定。
讃岐(宇喜多)平定。
肥前(大友)平定。
初期武将:63
一門武将:5
名声:333
城:10
大名政治98、統率82、知略95


結果:トータル9ヶ月で全国統一

 シナリオ3では一番有利な条件にある信長だから勝って当然なわけで、問題はスピード。
 これまでの経験を活かし、東北地方の攻略の端折りかたを確立する。名声が800を超える頃には弱小大名を従属させることができるので、まずは羽後の戸沢氏を脅迫して従属させる。そして、友好度が80を超えているようだと2回目の脅迫も成功しやすく、早めに戸沢氏を脅迫して臣下にする。この羽後の角館城を基地として、安東家を滅亡させる。これによって安東家に従属していた蝦夷の蠣崎家を従属させることができる。強情な最上も羽後から攻略すればよい。他の東北の諸大名はだいたい従属させることができるので、これが一番スピードが速い統一法だろう。
 同様の攻略が九州にも応用できそうだが、まだ確立できていない。

(2001.8.16)


8th:信長の羨望
シナリオ4:織田信長
1582年 2月 宇喜多家(美作、備前備中の一部)当家から独立。
三好家(阿波の一部、讃岐の一部)当家から独立。
有馬家が従属(肥前日野江城)。
蒲池家が従属(筑後柳川城)。
阿蘇家が従属(肥後岩尾城)。
西園寺家と河野家が従属(伊予)。
戸沢家が従属(羽後角館城)。
伊達家が従属(羽前米沢城、陸前白石城)。
大崎家が従属(陸前岩出山城)。
那須家、宇都宮家、佐野家が従属(下野)。
岩城家が従属(磐城大館城)。
小田家が従属(常陸土浦城)。
結城家が従属(下総結城城)。
二本松家が従属(岩代二本松城)。
里見家が従属(上総安房)。
阿波(長宗我部家+三好家)平定。
出雲石見(毛利家)平定。
備前備中(毛利家+宇喜多家)平定。
越中(上杉家)平定。
南信濃(武田家)平定。
美濃飛騨(姉小路家)平定。
紀伊(鈴木家)平定。
3月 蒲池家が臣下に。
岩城家が臣下に。
阿蘇家が臣下に。
戸沢家が臣下に。
結城家が臣下に。
南部家が従属(陸奥三戸城)。
小野寺家が従属(羽後横手城)。
斯波家、相馬家が従属(陸中)。
蘆名家が従属(岩代須賀川城+黒川城)。
大宝寺家が従属(羽前尾浦城)。
秋月家が従属(筑前古処山城)。
長宗我部家が従属(土佐+讃岐天露城)。
三好家が従属(讃岐十河城)。
宇喜多家が従属(美作林野城)。
城井家が従属(豊前城井谷城)。
葛西家が従属(陸中花巻城+陸前寺池城)。
肥後(島津家)人吉城を攻略。
周防長門(吉川家)平定。
安芸備後(吉川家)平定。
南越後(上杉家)平定。
甲斐(武田家)平定。
磐城(佐竹家)平定。
羽後(安東家)平定。
筑後(龍造寺家)平定。
4月 島津家が従属(薩摩大隅日向)。
上杉家が従属(北越後、北信濃飯山城、上野沼田城)。
蠣崎家が従属(蝦夷)。
千葉家が従属(下総の一部)。
吉川家が従属(豊前門司城、美作高田城)。
豊後(大友家)平定。
駿河遠江(武田家)平定。
上野(北条家+由良家)館林城を攻略。
北信濃(真田家)平定。
武蔵(北条家)平定。
陸奥(津軽家)平定。
肥前(龍造寺家+松浦家)平定。
常陸(佐竹家)平定。
配下の大宝寺家が最上家を滅ぼす(羽前)。
5月 北条家が従属(相模伊豆上野箕輪城)。
秋月家が臣下に。
肥後(龍造寺家)平定。
筑前(大友家)平定。
初期武将:139
一門武将:10
名声:882
城:34
大名政治103、統率86、知略99


結果:トータル4ヶ月で全国統一

 まあ、負けるわけはないので、如何に早く統一できるかがポイント。
 スピードクリアのためには、容易に従属しない最上、佐竹、大友、龍造寺、島津の対策がポイントになる。また、当初から蠣崎家が安東家に従属しているので、蠣崎家を従属させるために早めに安東家を倒さねばならない。そのため、羽後、筑後、肥後の弱小大名を1月目に従属させ、2月目に臣下とし、そこを拠点にして強情な大名を滅ぼしにかかる。中央から徐々に勢力を伸ばしているとスピードが遅くなってしまう。
 今回は4ヶ月だったが、論理上3ヶ月で統一が可能かどうか気になるところ。

(2001.7.28)


7th:毛利の野望再び
シナリオ2:毛利元就。
アドバンテージ:一門の武将が6人。能力の高い部下が初期から存在。
1556年 8月 備前備中(浦上家+三村家)平定。
9月 播磨(別所家+赤松家+浦上家)平定。
10月 摂津河内(畠山家+三好家)高屋城+飯盛山城攻略。
出雲石見(尼子家)平定。
11月 山城(足利家)平定。
周防長門(大内家)平定。
12月 近江(六角家+浅井家)平定。
豊前(城井家)平定。
1557年 1月 伊勢志摩(北畠家)攻略。
筑前(秋月家)古処山城攻略。
摂津河内(本願寺家)平定。
大和(筒井家+三好家)平定。
2月 尾張(織田家)清洲城+犬山城攻略。
筑前(大友家)岩屋城攻略。
丹後丹波(波多野家)八上城攻略。
伊勢志摩(長野家)平定。
3月 三河(今川家)平定。
筑前(大友家)平定。
尾張(織田家)平定。
美濃飛騨(姉小路家)桜洞城攻略。
丹後丹波(一色家)平定。
4月 駿河遠江(今川家)高天神城+駿府館攻略。
肥前(龍造寺家)平定。
美濃飛騨(姉小路家)稲葉山城攻略。
越前若狭(朝倉家)大野城攻略。
紀伊(鈴木家)平定。
5月 駿河遠江(今川家)平定。
美濃飛騨(織田家)平定。
越前若狭(武田家+朝倉家)平定。
因幡但馬(南条家+山名家)攻略。
筑後(龍造寺家+小弐家)平定。
阿波(三好家)平定。
6月 蠣崎家が従属(蝦夷)。
南部家が従属(陸奥)。
斯波家が従属(陸中)。
三好家が従属(讃岐)。
西園寺家+宇都宮家が従属(伊予)。
長宗我部家が従属(土佐)。
尼子家が従属(美作)。
山名家が従属(因幡但馬)。
相模伊豆(北条家)平定。
越中(本願寺家+姉小路家)平定。
加賀能登(本願寺家)平定。
因幡但馬(南条家)平定。
肥後(大友家+阿蘇家)平定。
龍造寺家に肥前を奪われる。
配下の斯波家が羽後を平定。
7月 大宝寺家が従属(羽前)。
大崎家が従属(陸前寺池城)。
相馬家が従属(磐城の一部)。
里見家が従属(上総安房)。
結城家が従属(下総)。
太田家が従属(武蔵岩附城)。
長野家が従属(上野の一部+下野の一部)。
横瀬家が従属(上野館林城)。
佐竹家が従属(下野の一部+磐城の一部)。
森田家が従属(伊賀)。
武蔵(北条家)平定。
南越後(長尾家)平定。
豊後(大友家)平定。
肥前(龍造寺家)平定。
薩摩大隅(島津家)平定。
甲斐(武田家)平定。
蘆名家が配下の大宝寺家を滅ぼす(羽前)。
大友家が配下の宇都宮家を滅ぼす(伊予)。
龍造寺家に筑前を奪われる。
8月 島津家が従属(日向)。
龍造寺家が従属(筑前)。
大友家が従属(伊予)。
長尾家が従属(北越後岩代+北信濃の一部)。
南信濃(武田家)平定。
9月 蘆名家が従属(羽前陸前の一部)。
北信濃(武田家)平定。
全国統一。
初期武将:19
一門武将:6
名声:147
城:4
大名政治107、統率105、知略108


結果:トータル14ヶ月で全国統一

 1stチャレンジと全く同じ条件でやってみた。半分以下の期間で全国統一。むしろ、1stでなぜ31ヶ月もかかったかが不可解である。

 一門武将が6人もいるので、軍団数が6になってからはフルに戦い続ける。むろん、五軍や六軍はしばらくは武将数が3〜5人で攻め込んでいたので、なかなか勝てない。
 毛利元就率いる一軍は山城を攻略してから東海道を武蔵まで東進。吉川元春率いる二軍は周防長門から九州に展開。毛利輝元率いる三軍は丹波丹後から北陸道を東進。小早川隆景率いる四軍が近畿を制圧。そうしているうちに国人衆が続々と配下に入り、五軍と六軍も戦力を整え、最後の武田信玄攻略に入る。
 南信濃には40部隊を投入。北信濃には毛利家30部隊+長尾家+長野家で攻め入ったので、さすがの信玄も一瞬で片づいた。

(2001.7.22)


6th:真田の展望シナリオ5:真田昌幸
アドバンテージ:真田幸村が軍神。一門武将が多い。
デメリット:初期配下武将が少ない。
1572年 7月 北信濃(上杉家)平定。上杉景勝を打首。
8月 甲斐(徳川家)平定。徳川家康を打首。
9月 駿河遠江(徳川家)平定。松平秀康を打首。
10月 南信濃(諏訪家+木曽家+小笠原家)平定。
 小笠原貞慶を打首。
 小笠原馬術書、三品藤弓を奪い、売却。
三河(徳川家)平定。徳川秀忠を打首。
11月 美濃飛騨(神戸家)岩村城+岐阜城攻略。
尾張(北畠家)平定。
12月 美濃飛騨(姉小路家)平定。
伊勢志摩(滝川家)平定。
越中(佐々家)平定。
1573年 1月 近江(柴田家)小谷城攻略。柴田勝家を打首。
加賀能登(前田家+柴田家)。前田利家を打首。
2月 近江(丹羽家)平定。
 蒲生氏郷を打首。赤楽早船を奪い、売却。
伊賀(羽柴家)平定。
加賀能登(佐久間家+前田家)平定。
3月 山城(羽柴家)平定。
大和(筒井家)信貴山城攻略。
越前若狭(丹羽家)平定。
相模伊豆(北条家)平定。
近江(羽柴家+丹羽家)防御。
4月 摂津河内(鈴木家)平定。
大和(筒井家)平定。
武蔵(北条家)平定。
5月 丹波丹後(羽柴家)平定。
紀伊(鈴木家)平定。
伊勢志摩(鈴木家)大河内御所を奪われる。
越前若狭(羽柴家)防御。
6月 配下の池田輝政から大包平を没収。
津田某に伊勢志摩の亀山城を奪われる。
因幡但馬(羽柴家)有子城攻略。
 羽柴秀吉を打首。残月、馬藺俊立付兜を奪う。
阿波(長宗我部家)平定。長宗我部元親を打首。
伊勢志摩(鈴木家+津田家)平定。
7月 長宗我部家が従属(土佐)。
三好家が従属(讃岐+伊予の一部)。
因幡但馬(羽柴)平定。
播磨(羽柴家)姫路城平定。
下総(結城家)平定。
丹波丹後(羽柴家)平定。
8月 南部家が従属(蝦夷)。
蠣崎家が従属(陸奥)。
小野寺家が従属(羽後)。
津軽家が従属(陸中)。
伊達家が従属(羽前の一部、陸前の一部)。
葛西家が従属(陸前の一部)。
最上家が従属(羽前の一部)。
里見家と結城家が従属(上総安房)。
宇喜多家が従属(美作備前備中)。
三好家が独立(讃岐+伊予の一部)。
出雲石見(羽柴家)山吹城+浜田城を攻略。
伊予(三好家)平定。
播磨(羽柴家)龍野城を攻略。
常陸(佐竹家)土浦城+水戸城を攻略。
佐竹家が配下の里見家と結城家の上総安房を奪う。
9月 毛利家が従属(安芸備後出雲石見の一部)。
三好家が再び従属(讃岐)。
周防長門(大友家)平定。
日向(島津)平定。
播磨(羽柴家)平定。
常陸(佐竹家)平定。
南越後(上杉家)平定。
出雲石見(大友家)防御。
下総(佐竹家)川越城を奪われる。
越中(上杉家)富山城を奪われる。
10月 豊前(大友家)平定。
肥後(島津家)人吉城+岩尾城を攻略。
上野(上杉家)平定。
磐城(佐竹家)平定。
北越後(上杉家)平定。
伊予(大友家)大津城+宇和島城を奪われる。
常陸(佐竹家)防御。
越中(上杉家)平定。
11月 上杉家が従属(岩代の一部)。
大友家が従属(豊後伊予の一部、肥前の一部)。
龍造寺家が従属(筑後)。
佐野家+宇都宮家+那須家が従属(下野)。
佐竹家が従属(上総安房岩代下総の一部)。
筑前(島津家)平定。
肥後(島津家)平定。
薩摩大隅(島津家)平定。
日向(島津家)防御。
12月 島津家が従属(肥前)。
全国統一。
初期武将:6
一門武将数:5
名声:152
城:1
大名政治96、統率97、知略95


結果:トータル18ヶ月で全国統一 シナリオ5に初挑戦。基本的にミーハーなので、幸村が使える真田家でプレイ。
 全体的に西日本のほうに勢力の強い大名が多く、北の方は弱小集団が揃っている。そこで、基本戦略として東北方面はあとでこぞって「脅迫」することとし、西に向けて軍を移動させる。

 序盤は武将数確保のために徳川家をターゲットとする。最初の月に上杉景勝と真田幸村の軍神直接対決で勝利を収めた後、甲斐で徳川家康を打首。ここで得た家宝は軍資金としてすぐに売り払う。次の年には松平秀康を打首、さらに翌月には徳川秀忠を打首とし、徳川家は滅亡。武将数をある程度確保したところで軍団を増設し、昌幸の本体は中山道、幸村の第二軍は東海道、信行の第三軍は北陸道をそれぞれ西進する。東の北条家と上杉家と接する国は城の防御度を上げて備える。

 本体は南信濃→美濃飛騨→近江→山城と侵攻。第二軍は尾張→伊勢志摩→伊賀→大和→紀伊→安房→伊予と進み、日向に到達。第三軍は越中→加賀能登→越前若狭と侵攻。やはり第3軍がもっとも貧弱で、攻略に手間取る。
 ここで羽柴秀吉と直接対決に入った第一軍と第三軍の侵攻スピードが極端に落ちる。というのも、秀吉配下の地域の城が極端に固く、容易に落ちないからである。そのために、捕らえた武将で配下に入らなかったものは次々と打ち首にし、戦力を削ぐことに専念。1573年2月に直接対決があってから4ヶ月後、ついに秀吉本人を打首。さらに2ヶ月後、羽柴家は滅亡した。

 結果的には、最後の月がもったいなかった。どこかで短縮できる箇所があるだろうから、17ヶ月でクリアすることは可能のはずだ。

(2001.7.19)



5th:信長の無謀シナリオ2:織田信長
アドバンテージ:配下武将数が多い
デメリット:一門武将が初期に0
1556年 8月 三河(今川家)平定。
今川義元を打首。宗三左文字を強奪。
9月 駿河遠江(今川家)平定。
大砲と宗三左文字を売却。
10月 伊勢志摩(北畠家+長野家)平定。
11月 紀伊(畠山家+鈴木家)平定。
12月 阿波(三好家)平定。
1557年 1月 伊予(宇都宮家+西園寺家)平定。
2月 日向(島津家)平定。
尾張(織田信行)平定。
3月 豊後(大友家)平定。
美濃飛騨(斉藤家)平定。
4月 配下の松永久秀から九十九髭茄子と平蜘蛛釜を没収、売却。
大内家が従属(周防長門)。
三好家が従属(讃岐)。
豊前(城井家)平定。
近江(浅井家+六角家)朽木館攻略。
5月 配下の北畠晴具から国司茄子を没収し、売却。
甲斐(武田家)平定。
近江(浅井家+六角家)小谷城攻略。
6月 国人衆が大砲をくれたので、すぐに売却。
相模伊豆(北条家)平定。
近江(六角家)平定。
摂津河内(畠山家)高屋城攻略。
7月 森田家が従属(伊賀)。
筒井家が従属(大和)。
武蔵(武田家+北条家)。
山城(足利家)平定。
豊前(大友家)防御。
毛利家が配下の大内家を滅ぼす(周防長門)。
8月 北条家が従属(武蔵の松山城)。
下総(結城家+千葉家+長野家)佐倉城+結城城攻略。
上泉信綱を打首。
丹波丹後(足利家)平定。
摂津河内(本願寺家)平定。
筑前(大友家+秋月家)古処山城+岩屋城攻略。
大友家に豊前を奪われる。
9月 千葉家が従属(下総の小弓城)。
南条家と山名家が従属(因幡但馬)。
長宗我部家が従属(土佐)。
佐竹家と長野家が従属(常陸)。
下野(長尾家)平定。
播磨(本願寺家)平定。
里見家に下総の佐倉城と小弓城を奪われる。
配下の千葉家が滅亡。
10月 相馬家が従属(磐城)。
蠣崎家が従属(蝦夷と陸奥の一部)。
葛西家が従属(陸中と陸前の一部)。
岩代(長尾家)平定。
備前備中(毛利家)平定。
配下の相馬家が陸前の白石城を攻略。陸前が支配下に。
11月 阿蘇家が従属(肥後の岩尾城+人吉城)。
北越後(長尾家)平定。
安芸備後(毛利家)平定。
肥後(大友家)隈府城攻略。配下の阿蘇家と併せて肥後平定。
下野(長尾家)防御。
12月 浪岡家が従属(陸奥)。
本願寺家が従属(加賀能登+美作の林野城)。
尼子家が従属(美作の高田城)。
斉藤家が従属(越中)。
朝倉家と一色家が従属(越前若狭)。
上野'(長尾家)平定。
周防長門(毛利家)平定。
讃岐(毛利家)平定。
下総(里見家)平定。
1558年 1月 大友家家臣の有馬晴純が謀反。
  豊前筑前の立花山城を土産に我が軍門に降る。
伊達家が従属(羽前羽後)。
里見家が従属(上総阿波)。
長尾家が従属(南越後北信濃)。
南信濃(武田家)平定。
薩摩大隅(島津家)平定。
出雲石見(毛利家)平定。
駿河遠江(武田家)防御。
肥後(島津家)防御。
2月 筑後(大友家)平定。
北信濃(武田家)平定。謙信が大活躍。
肥前(大友家)平定。
肥後(大友家)防御。
全国統一。
初期武将:12
一門武将数:0
名声:129
城:2
大名政治92、統率77、知略88


結果:トータル19ヶ月で全国統一 4thチャレンジの記録から、さらに4ヶ月短縮。その理由として、一つはこれまでの経験を活かして侵攻ルートを計画的に設定したこと、二つは思わぬ幸運があったことである。

 侵攻ルートの工夫として、まず最初の月に尾張を統一せず、いきなり三河の今川義元に攻め入る。尾張は名声が200を超えて第二軍ができてから平定すればよいので、しばらくは放置プレイ。実際に尾張を統一したのは1557年2月とゲームスタートから半年を経た時期だったが、このときには第一軍の前線は九州東岸にまで延びている。兵は拙速を尊ぶということで、これでよい。
 信長率いる一軍の本体は、今川家を滅ぼした後に西に進路を転じ、伊勢志摩→紀伊→阿波→伊予→日向と、最短ルートで九州に上陸。九州の東岸から南岸の諸勢力を瞬く間に親密とし、堅固な軍事基地を建設する。最短で九州に到達すれば、薩摩大隅などの国衆も、まだどこの大名家とも親密になっていない。ここできちっと諸勢力に投資しておけば、あとが楽。
 豊後と豊前を平定した後は、一軍を再び東部戦線に投入。甲斐→相模伊豆→武蔵と太平洋側を東進。

 主に太平洋側を侵攻したのは、武田信玄および上杉謙信との直接対決を避けるためである。日本海側の諸大名は後に「脅迫」でなんとかなる。当の信玄と謙信は北信濃で睨み合ったまま一歩も動かない。これは信長にとっては都合のいい展開である。
 信玄と謙信が牽制しあっている隙をぬい、信長は北条家を破って関東を突破、北上に成功。下総攻略時には強敵上泉信綱が立ちはだかったが、うまく立ち回って包囲し、捕獲に成功。首を刎ね、3大難敵の一人は刀の露と消えた。

 東北の諸大名が全て従属して背後の憂いを絶った信長は、じりじりと信玄・謙信に対する包囲網を狭める。その一方で一門の信澄率いる第5軍が九州地方の制圧を担当。コンピュータ担当の2〜4軍もゆっくりと支配地域を広げ、1557年12月には大友、毛利、島津、信玄、謙信を残すのみとなる。

 しかし年明け早々に大事件が発生。大友家の家臣として豊前と筑前の一部を支配していた有馬晴純が謀反。なんと、所領地ごと信長に投降。これで九州の制圧が断然早くなる。この謀反がなかったら、確実に全国統一は一ヶ月遅れていたところだった。

 1558年1月には長尾景虎(後の謙信)が投降。我が軍門に降る。これで謙信との直接対決を避けることができたわけだが、最後に残ったのが強敵の信玄である。所有の城は北信濃の海津城ただ一つとはいえ、圧倒的な強さを誇る強敵である。
 信玄討伐のために北信濃に平均統率力80強の精鋭20部隊を投下した上、配下に降った謙信の協力も得た。これで楽勝かと思ったが、大激戦の末、勝利時に立っていた織田家の武将は半数以下となっていた。信玄は影武者を使い、倒したと思ってもまた立ち上がり、その度に当方の武将が倒されていく。しかも気力が落ちたところに信玄配下の猛者どもが襲いかかり、あっというまに全滅する部隊が続出。そこで大活躍したのが、やはり謙信である。信玄配下の武将をただ一人でなぎ倒した上、信玄の影武者も次々と叩き切り、最後にはとうとう信玄をも直接撃破。この直接対決は圧巻で、織田家の出る幕はまったくなかった。

 4thチャレンジと比較すると、尾張、大和、伊賀の攻略を端折った分が3ヶ月早くて、有馬の謀反のおかげでさらに1ヶ月統一が早まったわけで、計算上はぴったりと合う。ただし、今回のチャレンジでは信行が支配下に入らず、一門武将が2人と苦しい展開だった。コンピュータはなかなか他領に攻め入ってくれない。信行が配下にいたら、さらに1ヶ月は統一が早まっていそうだ。理論上は少なくとも18ヶ月で統一できそうな気配である。
 こうなると、1stや3rdの条件では、16ヶ月くらいでクリアしないといけないような気がする。

 信行を確実に配下に入れる方法としては「脅迫」コマンド2回が考えられる。一度「脅迫」して従属した大名は、友好度が100だと2回目の「脅迫」に応じ、臣下になることがある。これが信行に効くかどうかがポイント。

(2001.7.16)


4th:信長の野望シナリオ2:織田信長
アドバンテージ:配下武将数が多い
デメリット:一門武将が初期に0
1556年 8月 尾張(織田家)平定。
9月 三河(今川)平定。
今川義元を打首。宗三左文字を強奪。
大砲と宗三左文字を売却し、軍資金とする。
10月 美濃飛騨(斉藤家+姉小路家)平定。
稲葉山城を岐阜城と改称。
11月 近江(足利家+浅井家+六角家)平定。
12月 伊勢志摩(長野家+北畠家)平定。
北畠晴信を打首。国司茄子を強奪し、売却。
1557年 1月 紀伊(畠山家+鈴木家)平定。
2月 大和(筒井家+三好家)平定。
筒井順慶を打首。筒井肩衝を強奪し、売却。
3月 伊賀(森田家)平定。
4月 山城(足利家)平定。
足利義輝を打首。鬼丸国綱と瀟湘八景図を強奪し、売却。
5月 御馬揃を敢行。
駿河遠江(今川)平定。
美濃飛騨(本願寺家)防御。
6月 南信濃(武田家)平定。
丹波丹後(一色家)建部山城攻略。
7月 甲斐(武田家)平定。
美濃飛騨(本願寺家)防御。
8月 摂津河内(本願寺家+畠山家)平定。
北信濃(武田家)海津城を攻略。
美濃飛騨の岐阜城が陥落(本願寺家+朝倉家)。
9月 北信濃(長尾家)引分。
阿波(長宗我部家)平定。
美濃飛騨の桜洞城が陥落(本願寺家+朝倉家)。
本願寺顕如を打首。
丹波丹後(波多野家)平定。
10月 北信濃(長尾家)平定。長尾景虎を打首。
伊予(三好家+河野家)攻略失敗。三好長慶を打首。
美濃飛騨(朝倉家)再統一。
武田家に甲斐を奪われる。
11月 朝倉家が従属(越前若狭)。
本願寺家が従属(越中加賀能登)。
長尾家が従属(南越後北越後)。
山名家が従属(因幡但馬)。
上野(長野家)平定。
伊予(三好家+河野家)平定。
相模伊豆(北条家)平定。
12月 長宗我部家が従属(土佐)。
三好家が従属(讃岐)。
千葉家が従属(上総安房)。
下野(長野家)攻略失敗。
日向(島津家)平定。
武蔵(長野家+太田家+結城家)川越城+松山城を攻略。
長野業正を打首。
長尾家を北越後に救援(伊達家)。
播磨(尼子家)平定。
1558年 1月 尼子家が従属(美作)。
相馬家が従属(磐城+常陸の一部)。
太田家が従属(武蔵の一部)
下野(長野家)平定。
薩摩大隅(島津家)出水城+高山城を攻略。
大友家に日向を奪われる。代わりに大友義鎮を打首。
長尾家を北越後に救援(伊達家)。
配下の三好家が浦上家に讃岐を奪われる。
2月 岩代(蘆名家+伊達家)平定。
薩摩大隅(大友家)平定。
讃岐(浦上家)平定。浦上宗景を打首。
下野(蘆名家)防御。
伊予(大友家)防御。
長尾家を北越後に救援(伊達家)。
3月 陸前(伊達家)平定。
日向(大友家)再統一。
備前備中(浦上家)平定。
豊前(城井家)門司城攻略。
伊予(大友家)防御。
配下の尼子家が浦上家に美作を奪われる。
4月 南部家が従属(蝦夷陸奥陸中)。
伊達家が従属(羽後+羽前の一部)。
浦上家が従属(美作)。
毛利家が従属(周防長門安芸備後出雲石見)。
豊前(城井家+河野家)平定。
豊後(大友家)平定。
肥後(大友家)平定。
羽前(蘆名家)平定。
5月 筑前(城井家+大友家)平定。
常陸(里見家)平定。
筑後(大友家)平定。
肥前(城井家+大友家)佐賀城+平戸城攻略。
豊後(大友家)防御。
豊前(城井家)防御。
6月 城井家が従属(肥前の日野江城)。
全国統一。
初期武将:12
一門武将数:0
名声:129
城:2
大名政治92、統率77、知略88


結果:トータル23ヶ月で全国統一 スピードクリアの標準記録があるとすれば、おそらくこのシナリオ。周りを強敵に囲まれた状態から、如何にスピードクリアが可能か。
 問題点は、初期に一門武将がいないこと。つまり、第二軍以下をコンピュータに任せねばならず、戦力として当てにならないということである。いちおう弟が敵側にいるので、奴が配下につくまでコンピュータにまかせる。結果的に4国分くらいはコンピュータが勝手に獲ってくれたが、やはり人が操作するよりは攻略スピードが格段に落ちる。敵武将もなかなか捕まえてくれないので、役に立たない。

 序盤は武将をかき集めるために配下武将の多い今川を攻撃。義元は家宝も持っているので、資金集めにもちょうどよい。諸勢力を味方につけていれば、簡単に撃破できる。が、家宝を売り払っても軍資金は不足するので、全てを槍部隊とし、残った鉄砲を全部売り払う。
 しかし弟は、何度か捕まえたのになかなか配下に入らない。信玄を倒して、ようやく配下についた。これが早かったら、もう少し短い期間でクリアが可能だっただろう。信行をいかに早く配下に治めるかが短期間クリアのポイントとなりそうだ。

 中盤のポイントは、やはり武田信玄と上杉謙信。今回のプレイでは2人が川中島で戦っている最中に割り込んだために、上杉謙信が手伝ってくれて容易に信玄を撃破。ただ、謙信は鬼のように強い。秀吉や服部半蔵、滝川一益、柴田勝家といった猛者が3突きで倒される。敵に回してこれほどやっかいな相手もいない。
 同じような強敵は、1557年12月の下野攻略時の上泉信綱。軍神でもないはずの上泉に飯富昌景や高坂昌信などがたちどころに殺され、逃げ惑う信長部隊も3突きの間に全滅。手の着けようがない。困ったなあと風呂に入って対策を考えていたが、次の月には出てこなかった。武蔵攻略時に大名の長野業正を打首にしておいたのが良かったようだ。
 なんにせよ、信玄と謙信と上泉はスピードクリアの3大障害と言っていいだろう。あらかじめ何らかの対策を立てておいたほうがいいかもしれない。

 後半は「脅迫」でサクサクと従属させる。日本海側はあらかた従属。最初からその予定で侵攻ルートを設定しておいた。西日本は、摂津河内→阿波→伊予と攻めるのが最もスピードが速い。土佐や讃岐は後からでも従属などでなんとでもなるが、伊予は九州攻略のための基地となる。早めに獲っておいたほうがいい軍事拠点である。東日本には同様の要地はみあたらない。

 最後の月は城が一つだけ足りなかった。様々なミスがここに集約されたと言ってもいいだろう。スピードクリアのためには一つのミスも許されない。特に序盤のミスは後で大きく響いてくるといえよう。

 3rdでやった謙信シナリオは、この経験をふまえればもっと早く全国統一できそうだ。このシナリオも、少なくとも3ヶ月は短縮できる。

(2001.7.14)
 


3rd:謙信の野望シナリオ3:上杉謙信
アドバンテージ:とにかく謙信が強い。さすが軍神。
1570年 4月 北信濃(武田家)平定
上野(武田家)箕輪城攻略
5月 越中(神保家)富山城攻略、神保家滅亡
上野(由良家)平定
6月 武蔵(北条家)平定、北条氏康を打首、日光一文字強奪
越中(椎名家)平定、椎名家滅亡
北信濃(武田)防御
7月 第三軍団新設
美濃飛騨(織田家)岐阜城攻略
下野(佐野家)唐沢山城攻略、佐野家滅亡
岩代(二本松家)二本松城攻略、二本松家滅亡
8月 美濃飛騨(姉小路家)平定、姉小路家滅亡
下野(宇都宮家)平定、宇都宮家滅亡
岩代(蘆名家)平定、蘆名家滅亡
越中(本願寺家)防御
9月 第四軍団新設
南信濃(武田家)平定
下野(那須家)平定、那須家滅亡
羽前(伊達家+最上家)尾浦城攻略
越中を本願寺家に奪われる
北越後(最上家)防御
10月 第五軍団新設
三河(徳川家+織田家)平定
下総(結城家+千葉家)佐倉城+小弓城攻略、千葉家滅亡
羽前(伊達家+最上家)、最上家滅亡
越中(本願寺家)再統一
11月 第六軍団新設
里見家が従属(上総安房)
朝倉家が従属(越前若狭)
北条家が従属(相模伊豆)
駿河遠江(徳川家)浜松城攻略、北条が駿府館+高天神城攻略
 徳川家滅亡
下総(結城家)平定、結城家滅亡
羽前(伊達家)平定
加賀能登(本願寺家)攻略失敗
12月 伊達家が従属(陸前)
甲斐(武田家)平定
常陸(佐竹家)水戸城+土浦城攻略、佐竹義重を打首
羽後(戸沢家+小野寺家)平定、戸沢家と小野寺家滅亡
加賀能登(本願寺家)攻略失敗
尾張(織田家)清洲城攻略
北条家の救援に失敗し、武田家が相模伊豆を奪う
1571年 1月 松前家が従属(蝦夷と陸奥の一部)
島津家が従属(薩摩大隅日向)
相模伊豆(武田家)平定
常陸(佐竹家)平定、佐竹家滅亡
陸中(南部)攻略失敗
加賀能登(本願寺家)七尾城攻略、本願寺顕如を打首
尾張(織田家)引分
甲斐を武田家に奪われる
2月 相馬家が従属(磐城)
甲斐(武田家)再統一、武田信玄を打首、武田家滅亡
加賀能登(本願寺家)平定
尾張(織田家)那古屋城攻略
3月 近江(浅井家)小谷城+観音寺城攻略、浅井家滅亡
伊勢志摩(織田家)平定
尾張(織田家)平定、織田家滅亡
4月 山城(足利家)平定
紀伊(鈴木家)平定、鈴木家滅亡
近江(足利家)平定
5月 南部家で謀反が発生
丹波丹後(足利家)平定、足利家滅亡
摂津河内(本願寺)高屋城+石山御坊攻略
陸奥(津軽+南部)三戸城+石川城攻略、松前家が浪岡御所攻略
 津軽家滅亡
伊賀(森田家)平定、森田家滅亡
大和(筒井家)攻略失敗
6月 南条家が従属(因幡但馬)
赤松家が従属(美作)
筒井家が従属(大和)
播磨(本願寺家)三木城+姫路城攻略、南条家が上月城を攻略
 本願寺家滅亡
阿波(長宗我部家)平定
陸中(南部家)平定
摂津河内(三好家)平定
羽後(南部家)防御、南部家滅亡
7月 土佐(長宗我部家)平定
備前備中(毛利家)天神山城攻略、毛利元就を打首
8月 島津家が当家から独立
長宗我部家と三好家が従属(讃岐)
伊予(島津家)平定
播磨(宇喜多家)防御、南条家の上月城が当家の支配下に入る
 宇喜多家滅亡
阿波(島津)防御、島津義久を打首
9月 安芸備後(毛利家)平定
豊後(大友家)平定
10月 周防長門(毛利家)平定、毛利輝元を打首
肥後(大友家)平定
日向(島津家)攻略失敗
11月 筑前(吉川家)平定
薩摩大隅(大友家)出水城攻略
日向(島津家)平定
筑後(大友家)攻略失敗
出雲石見(吉川家)攻略失敗
豊後(大友家)防御
肥後(大友家)防御
伊予(吉川家)防御
12月 肥前(大友家)平定
筑後(大友家)平定
薩摩大隅(島津家)平定、島津家滅亡
豊前(吉川家)平定
肥後(大友家)防御、大友家滅亡
豊後(吉川家)防御、吉川元春を打首
1572年 1月 吉川家が従属(出雲石見)
全国統一
初期武将:29
一門武将数:6
名声:257
城:6
大名政治66、統率136、知略66
越中の椎名家が初期から従属


結果:トータル22ヶ月で全国統一 謙信が圧倒的に強い。並の武将とタイマンなら、3突きで全滅させてしまう。圧倒的である。謙信が量産された暁には、連邦軍など相手ではない。
 配下の武将も猛者ばかりだが、タイマンでも10突きくらいしないと敵を全滅させられないのでどうしても見劣りがしてしまう。まあ、ふつうなら100突きくらいしないと倒せないので、実は圧倒的に強いはずなのだが。

 序盤の軍資金は、登用した小笠原長時と打ち首にした北条氏康の家宝を売り払って調達。諸勢力と手早く親密な関係を築き、あとは謙信がペンペン草も残さない勢いで圧倒的に攻めまくる。
 序盤の最大の難関は、やはり信玄。謙信とタイマンを張っても遜色がない強さで、手こずる。統率が80程度の配下武将では、信玄に5突きで殺される。そして信玄の周りにも猛者が多く、謙信もなかなか近づくことができない。さすがの謙信も武田家の猛者5人に囲まれると如何ともしがたい。
 ただ、最後は北条家の支援の元、40部隊の圧倒的戦力で攻め込んで滅亡させた。敬意を表して、信玄は打ち首。
 他に手こずったのは加賀能登の本願寺。北陸は4軍が担当したために戦力が最も弱体で、しかも雪の中で行軍がままならず、平定に4ヶ月かかる。

 後半は、毛利、大友、島津の西日本勢との対決。従属してくれれば楽なのだが、なかなか簡単にはいかない。しかし謙信が圧倒的戦力で蹂躙し、大名の首を大量に刎ねつつ、最終的には22ヶ月で全国制覇。
 攻略ルートを工夫すれば20ヶ月を切ることも可能かもしれない。


2nd:本願寺の野望シナリオ1:本願寺証如
アドバンテージ:全国の一向宗寺院と初期から親密。
デメリット:初期の配下武将数が少なく、機能も貧弱。
1534年 5月 摂津河内(畠山家)高谷城攻略
6月 摂津河内(細川家)平定
7月 三好政長から九十九髭茄子と松島を没収。
丹後丹波(波多野家)八上城攻略、波多野家滅亡
加賀能登(畠山家)引分、畠山義総打首
8月 丹後丹波(一色家)平定、一色家滅亡
9月 越前若狭(武田家+朝倉家)後瀬山城+一乗谷城攻略、武田家滅亡
10月 第二軍団新設
越前若狭(朝倉家)平定、朝倉家滅亡
紀伊に鈴木家の救援(畠山家)、鈴木家が紀伊を平定
加賀能登(畠山)平定、畠山家滅亡
11月 近江(浅井家)小谷城攻略、浅井家滅亡
越中(神保家)富山城攻略、神保家滅亡
12月 近江(六角家)観音寺城攻略、六角家滅亡
越中(椎名家)平定、椎名家滅亡
1535年 1月 第三軍団新設
近江(足利家)平定
美濃飛騨(武田家)平定
播磨(浦上家+別所家)姫路城+上月城攻略、浦上家滅亡
2月 伊勢志摩(長野家)、長野家滅亡
尾張(織田家)攻略失敗
播磨(別所家)平定、別所家滅亡
3月 伊勢志摩(北畠家)平定、北畠家滅亡
尾張(織田家)那古屋城+清洲城攻略
摂津河内(足利家+長宗我部家)撃退
4月 尾張(織田家)統一、織田家滅亡
摂津河内(長宗我部家)撃退
5月 三河(今川家)岡崎城攻略
6月 三河(今川家)引分
阿波(長宗我部家)平定
7月 三河(今川家)引分
伊予に西園寺家救援(大内家)失敗
8月 三河(今川家)平定、今川家滅亡
10月 伊賀(森田)平定、森田家滅亡
11月 山城(足利家)平定、足利家滅亡
12月 御馬揃
大和(筒井家)平定、筒井家滅亡
1536年 1月 主水佑拝命
因幡但馬(山名家)此隅城+鳥取城攻略、山名家滅亡
2月 因幡但馬(南条家)平定、南条家滅亡
3月 美作(毛利家)平定
4月 備前備中(毛利家)平定、毛利家滅亡
土佐(長宗我部家)平定、長宗我部家滅亡
5月 安芸備後(尼子家)平定
駿河遠江(武田家)駿府館攻略
伊予(尼子家)平定
6月 出雲石見(尼子)平定
駿河遠江(武田家)引分
讃岐(細川家)天露城攻略
7月 南越後(松平家)春日山城攻略、松平家滅亡
讃岐(細川家)平定、細川家滅亡
8月 周防長門(尼子家)敗退
南越後(上杉家)平定
豊後(蒲池家)府内城攻略、蒲池家滅亡
9月 伊藤家が従属(豊前)
周防長門(尼子家)平定、尼子家滅亡
北信濃(小笠原家)平定
豊後(大内家)平定
10月 小笠原家が従属(南信濃)
上杉家が従属(相模伊豆、甲斐)
筑前(龍造寺家)平定
上野(武田家)平定
南越後(武田家)防御
日向(大内家)平定
大内家に豊後を奪われる
11月 肥前(龍造寺家)平定
上杉家に南越後を奪われる
豊後(大内家)再統一
12月 武田家が従属(武蔵)
筑後(大内家)平定
北越後(上杉家)平定
肥後(龍造寺家)平定、龍造寺家滅亡
大内家に豊後を奪われる
日向(大内家)防御
南越後(上杉家)防御
上野(上杉家)防御、上杉家滅亡
1537年 1月 采女佑任官
宇都宮家が従属(上総安房+下総+常陸)
長尾家が従属(下野+岩代+磐城)
豊後(大内家)再統一
羽前(伊達家)平定、伊達家滅亡
薩摩大隅(大内家)平定
日向(大内家)防御、大内家滅亡
2月 羽後(南部家)平定
羽前(南部家)防御
3月 南部家が従属(蝦夷+陸奥+陸中+陸前)
全国統一
初期武将:6
一門武将数:3
名声:127
城:3
大名政治81、統率78、知略61
紀伊の鈴木家が初期から従属


結果:トータル35ヶ月で全国統一


 初期から全国の一向宗寺院と親密なために大きなアドバンテージがある。近畿一帯の一向宗勢力圏は速やかに統一が可能。ただし、旧仏寺院は初期から仇敵なので、山城や大和にはしばらく手が出せない。

 序盤は武将数が少ないために苦労する。一向宗勢力圏を制圧しつつ、奉行は「登用」を中心として武将集めに専念。2月目に摂津河内の細川家を撃退し、三好政長を配下におさめ、その所有宝物をすぐさま没収。摂津河内の都市と3月目までに親密になっておき、九十九髭茄子を6600両で売り払って当面の軍資金とする。足りなくなったら松島も売り払う。

 一向宗勢力圏を制圧した後、伊賀・山城・大和を武力制圧。ただし、この時期でも1軍の平均統率力は60程度。2軍に至っては武将も揃わないなど、戦力的にはかなり弱体。尾張、三河などは武将一人で出陣し、国人衆と一向宗の戦力のみで制圧する。

 毛利家が滅亡する頃には、ようやく3軍まで武将の数が揃う。ただし3軍の平均統率力は50程度で、戦力的にはかなり弱体。1軍の平均統率力は70を超えてそれなりに直進的な戦術が組めるようになったが、統率力が90を超えるような武将とぶつかるときは苦戦を余儀なくされる。


1st:毛利の野望シナリオ2:毛利元就。
アドバンテージ:一門の武将が6人。能力の高い部下が初期から存在。
1556年 8月 備前備中鶴首城攻略
9月 備前備中平定
10月 因幡但馬平定
11月 第二軍団新設
美作平定、出雲石見平定
12月 播磨姫路城攻略、周防長門平定
1557年 1月 播磨平定、伊予湯築城宇和島城攻略
2月 第三軍団新設
豊前平定、讃岐平定、伊予平定
3月 右近御少将拝命
4月 筑前古処山城攻略、阿波平定
5月 土佐平定、筑前平定、丹波丹後平定
6月 第四軍団新設
紀伊平定、豊後平定
7月 肥前日野江城+平戸城攻略、筑後柳川城攻略
豊後府内城浪人に奪われる
8月 肥前平定、筑後平定、豊後再統一
9月 第五軍団新設
後奈良帝崩御
10月 肥後平定
11月 摂津河内石山御坊攻略、日向平定
12月 薩摩大隅平定、島津家に肥後隈府城を奪われる
1558年 1月 第六軍団新設
肥後再統一、山城平定
2月 御馬揃敢行、大和平定
3月 第七軍団新設
伊賀平定、伊勢志摩亀山城攻略
4月 近江平定、伊勢志摩平定
5月 尾張犬山城+清洲城攻略、越前若狭後瀬山城攻略
6月 第八軍団新設
美濃飛騨平定、尾張平定、越前若狭平定
7月 大膳大夫拝命
南信濃平定、加賀能登平定、三河平定
8月 甲斐平定、越中富山城攻略、駿河遠江統一
武田信玄打首
9月 武蔵平定、相模伊豆平定、越中平定
北条家に駿河遠江駿府館を奪われる
10月 南越後平定、北信濃再統一、駿河遠江再統一
11月 北越後平定、上野平定
12月 駿河遠江で第五軍の吉見広頼が謀反
上総安房平定、羽前平定、下野平定、駿河遠江再統一
吉見広頼打首
1559年 1月 下総平定、羽後平定、磐城平定、岩代平定
上杉謙信に北越後を奪われる
2月 北越後の上杉謙信、陸奥・蝦夷・陸前の伊達が当家に降伏
陸中花巻城攻略、家臣の伊達が陸中高水寺城攻略 常陸平定
全国統一
初期武将:19
一門武将:6
名声:147
城:4
大名政治107、統率105、知略108


結果:トータル31ヶ月で全国統一

 初期配下武将数が多く、しかも能力が高いために序盤から苦労はない。早めに近江に出れば、もう少し早く全国統一できそうだ。九州攻略はあと回しにし、従属を狙う方が効果的だろう。後背地を作ろうなどという悠長な考えはスピードクリアとなじまない。

廃屋譚に戻る