架空戦記エロズリーBB_2004
4月5月6月7月8月9月日本シリーズ総合成績廃屋譚に戻る

正田好投3勝目
9番奈良原がいぶし銀の活躍、2打点を稼いで正田を援護した。正田は8回2失点の好投で3勝目。しかしここまで.329・27本・58打点と活躍の高橋信がスライディングの際に故障、正捕手の登録抹消で厳しい戦いを強いられる。→順位表
                    他球場
日ハム 11 4−7 Bw
近鉄 10 5−3
6/1 日本ハム対近鉄9回戦:7勝2敗 大阪ドーム
勝:正田3勝1敗 S:加藤1勝3S 敗:岩隈6勝3敗
日:正田−建山−加藤/近:岩隈−安部健
本塁打:木元4号、中村8号
島田勝ち越しタイムリー
同点で迎えた8回、故障の高橋信に代わって5番に座った島田が右中間を真っ二つに割るタイムリーツーベースで勝ち越し、続く坪井が2ランで続いて勝負を決めた。先発金村は7回途中まで無失点と好投しながら勝ち星に恵まれなかった。→順位表
▼一軍登録:野田/抹消:高橋信
                    他球場
日ハム 12 2−5 Bw
近鉄 3−0
6/2 日本ハム対近鉄10回戦:8勝2敗 大阪ドーム
勝:加藤2勝3S S:建山1勝2敗7S 敗:吉田3敗
日:金村−立石−加藤−建山/近:バーン−吉川−吉田−カラスコ−山本
本塁打:小笠原17号、坪井6号
ミラバル6勝目
3番に座ったSHINJOが4安打、5番に座った島田が3安打と活躍。先発ミラバルは5度の併殺を奪うなどランナーを出しながらも8回2失点の粘り強いピッチングで6勝目。→順位表
                    他球場
オリックス 12 1−4 Bu
日ハム 18
6/4 日本ハム対オリックス12回戦:12勝 札幌ドーム
勝:ミラバル6勝 敗:具5勝8敗
日:ミラバル−横山/オ:具−徳元−歌藤−小倉−戸叶
本塁打:オバンドー13号、島田1号
オバンドー5打点
オバンドーは5回に3ランを放って反撃の狼煙を上げると続く6回には逆転の決勝2ラン、5打点で勝利に貢献した。先発立石が2回途中でノックアウトされ一時は6点差をつけられたが、中継ぎ陣がよく踏ん張った。→順位表
                    他球場
オリックス 15 0−6 Bu
日ハム 10 18 2−1
6/5 日本ハム対オリックス13回戦:13勝 札幌ドーム
勝:加藤3勝3S S:建山1勝2敗8S 敗:歌藤2勝1敗
日:立石−岩本−加藤−伊達−河本−建山/オ:フィリップス−歌藤−マック−戸叶−小倉
本塁打:オバンドー14号・15号、實松1号、坪井7号、日高2号
正田好投で4勝目
1点ビハインドの4回裏、オバンドーが2試合連発の2ランを放って逆転、その後は先発正田が8回2失点の好投で逃げ切った。→順位表
                    他球場
オリックス 4−5 Bu
日ハム 6−4
6/6 日本ハム対オリックス14回戦:14勝 札幌ドーム
勝:正田4勝1敗 S:建山1勝2敗9S 敗:谷中3敗
日:正田−伊達−建山/オ:谷中−徳元−本柳
本塁打:オバンドー16号、坪井8号、SHINJO10号、オーティズ15号、塩谷3号
金村一発に沈む
城島に3発を浴びるなどダイエー打線の一発攻勢の前に連勝がストップ。打線もチャンスであと一本が出なかった。→順位表
                    他球場
ダイエー 10 18 Bu 1−0
日ハム 10 Bw 3−4
6/7 日本ハム対ダイエー13回戦:7勝6敗 東京ドーム
勝:倉野3勝1S 敗:金村8勝1敗
日:金村−加藤−芝草−伊達−江尻/ダ:馬原−倉野−佐藤−三瀬−吉武−和田
本塁打:金子4号、城島24号・25号・26号、松中13号、井口7号、ズレータ16号
ミラバル誤算
5回まで1失点と好投していたミラバルが6回に突如崩れ3失点すると、8回にはリリーフエース伊達も打ち込まれて痛い逆転負け。打線も前日に続いてチャンスで打てずに連敗を喫した。
ヤクルトとの間に河本と田中ででトレードが成立。→順位表
                    他球場
ダイエー 16 Bu 1−8
日ハム 10 Bw 7−17
6/8 日本ハム対ダイエー14回戦:7勝7敗 東京ドーム
勝:山田1勝1敗2S 敗:伊達3勝4敗
日:ミラバル−伊達−立石−河本−横山/ダ:星野−寺原−倉野−山田
本塁打:小笠原18号、坪井9号、井口8号
木元4安打
先発押本が好投したものの中継ぎが裏目、8回にズレータに逆転本塁打を浴びて同一カード3連敗となった。攻撃陣もチャンスで精彩を欠いた。→順位表
▼一軍登録:押本
                    他球場
ダイエー 14 Bu 1−8
日ハム 10
6/9 日本ハム対ダイエー15回戦:7勝8敗 東京ドーム
勝:佐藤3勝1敗3S S:三瀬1勝3敗12S 敗:加藤3勝1敗3S
日:押本−伊達−加藤−立石/ダ:グーリン−倉野−佐藤−三瀬
本塁打:木元5号、城島27号、ズレータ17号
守護神打たれる
野田の移籍第1号で先制、小笠原のソロで中押しするもチャンスであと一本が出ず、最終回に守護神建山が中村に同点弾を浴びると、北川にサヨナラタイムリーを浴びて痛い逆転サヨナラ負けを喫した。先発金村の8回無失点の好投も報われなかった。→順位表
                    他球場
日ハム 10 3−5
近鉄 3X 5−4 Bw
6/11 日本ハム対近鉄11回戦:8勝3敗 大阪ドーム
勝:山本3勝2敗1S 敗:建山1勝3敗9S
日:金村−伊達−芝草−建山/近:バーン−吉川−福盛−山本
本塁打:小笠原19号、野田1号、中村11号
高橋信復帰
岩隈に7回まで2安打と抑えられていた打線は、岩隈降板後の8回に爆発、二死満塁から小田・オバンドーの連続押し出しで逆転すると、高橋信が走者一掃のタイムリー二塁打で駄目押しした。先発ミラバルが7回を1失点と辛抱したのが連敗脱出に結びついた。→順位表
▼一軍登録:高橋信/抹消:實松
                    他球場
日ハム 3−5
近鉄 10 6−6 Bw
6/12 日本ハム対近鉄12回戦:9勝3敗 大阪ドーム
勝:加藤4勝1敗3S 敗:福盛1勝1敗1S
日:ミラバル−加藤−江尻−横山/近:岩隈−福盛−山村−吉川
本塁打:磯部7号
押本好投
毎回の23安打6本塁打と打線が久々に活発、先発押本も8回を2失点と好投して連勝。→順位表
                    他球場
日ハム 11 23 2−1
近鉄 7−4 Bw
6/13 日本ハム対近鉄13回戦:10勝3敗 大阪ドーム
勝:押本2勝 敗:加藤4勝4敗
日:押本−伊達−横山/近:加藤−吉川−安部健−山本−山村
本塁打:高橋信28号、小笠原20号、木元6号、小田6号・7号、オバンドー17号
金子逆転本塁打
3点を追う8回、木元のタイムリーで同点に追いつくと、金子が失投を見逃さずに逆転の3ランホームラン、投げては中継ぎで登板の江尻が好投し6勝目。→順位表
                    他球場
日ハム 10 18 Bw 8−5
ロッテ 15
6/14 日本ハム対ロッテ13回戦:10勝3敗 千葉マリンスタジアム
勝:江尻6勝2敗 S:建山1勝3敗10S 敗:藤田4敗
日:立石−加藤−江尻−建山/ロ:黒木−神田−薮田−藤田−川井−山崎−小野
本塁打:金子5号、SHINJO11号、ベニー22号
ビッグバン打線大噴火
小笠原5打数5安打6打点、田中幸満塁本塁打など打線が大爆発、28安打29得点で記録的な大勝。ロングリリーフの正田が5勝目。→順位表
                    他球場
日ハム 29 28 Bw 0−1
ロッテ 10 23 3−4 Bu
6/15 日本ハム対ロッテ14回戦:11勝3敗 千葉マリンスタジアム
勝:正田5勝1敗 敗:小宮山2勝3敗
日:金村−正田−伊達−横山−建山/ロ:小宮山−神田−小野−セラフィニ−川井−薮田−藤田−山崎
本塁打:小笠原21号、田中幸2号、里崎2号
土壇場逆転勝利
8回まで清水直に無失点と抑えられていた打線が清水降板後に爆発、代打島田の値千金の同点タイムリーのあと、小笠原が勝越の押出を選んだ。6回から途中登板で3回無失点の好投を見せた吉崎が3勝目。→順位表
▼一軍登録:吉崎/抹消:芝草
                    他球場
日ハム 13 2−1 Bu
ロッテ
6/16 日本ハム対ロッテ15回戦:12勝3敗 千葉マリンスタジアム
勝:吉崎3勝 S:建山1勝3敗11S 敗:藤田5敗
日:ミラバル−吉崎−建山/ロ:清水直−川井−藤田−薮田
本塁打:堀2号
1イニング17得点
打線は7回裏に逆転して松坂をマウンドから引き摺り下ろすと、同点に追いつかれた8回の裏、代打島田の勝越タイムリーを皮切りに、SHINJO満塁弾、小田満塁弾、SHINJO1イニング2本塁打となる3ランなど打者20人を送る猛攻で西武投手陣を粉砕した。吉崎が連日の中継ぎ勝利。小田の満塁ホームランは今期3本目。→順位表
                    他球場
西武 10 0−3
日ハム 17 21 17 Bw 1−4 Bu
6/18 日本ハム対西武12回戦:7勝5敗 地方球場
勝:吉崎4勝 敗:小野寺4勝1敗
日:金村−伊達−吉崎−横山/西:松坂−許−小野寺−山崎−大沼−帆足
本塁打:小笠原22号、小田9号、SHINJO12号・13号、カブレラ29号、フェルナンデス25号、和田22号
高橋信決勝弾
同点で迎えた6回裏、先頭の高橋信が勝越弾をライトスタンドに叩き込むと、坪井も2ランで続いて西口をノックアウト、投げてはリリーフの江尻が好投し7勝目を挙げた。→順位表
                    他球場
西武 16 3−1
日ハム 14 Bw 0−3 Bu
6/19 日本ハム対西武13回戦:8勝5敗 札幌ドーム
勝:江尻7勝2敗 S:建山1勝3敗12S 敗:西口4勝6敗
日:押本−江尻−正田−建山/西:松坂−許−小野寺−山崎−大沼−帆足
本塁打:高橋信29号、坪井10号、SHINJO14号
立石誤算
先発立石が早々とノックアウトされると打線も新垣の前に沈黙、連勝は7でストップした。→順位表
                    他球場
日ハム 1−5 Bw
ダイエー 11 Bu 4−4
6/22 日本ハム対ダイエー16回戦:7勝9敗 福岡ドーム
勝:新垣8勝4敗 敗:立石2勝1敗
日:立石−岩本−正田/ダ:新垣−倉野
本塁打:城島30号、松中15号、ズレータ20号
金子タイムリー4本
対左用に5番に起用された金子が大当たり、タイムリー4本とチャンスで強い所を見せつけた。先発ミラバルは7回を1失点と好投し7勝目。→順位表
                    他球場
日ハム 12 23 3−2 Bw
ダイエー Bu 2−1
6/23 日本ハム対ダイエー17回戦:8勝9敗 福岡ドーム
勝:ミラバル7勝1敗 敗:和田5勝8敗
日:ミラバル−加藤−伊達−吉崎−横山/ダ:和田−倉野−寺原−吉武−山田−佐藤−三瀬−星野
本塁打:小笠原23号、松中16号
小田6の6
小笠原5安打、小田6安打など打線が爆発、計26安打で23点を奪い大勝した。大量得点に支えられた先発押本は7回1失点で3勝目。→順位表
                    他球場
日ハム 23 26 6−2
オリックス 10 Bu 2−11
6/26 日本ハム対オリックス15回戦:15勝 東京ドーム
勝:押本3勝 敗:フィリップス10敗
日:押本−岩本−江尻−横山/オ:フィリップス−徳元−歌藤−本柳−小倉−谷中−山口−マック−戸叶
本塁打:高橋信30号、オバンドー18号・19号、島田2号、SHINJO15号、日高3号
金村好投9勝目
小笠原、小田、オバンドー、高橋信、SHINJOと5番まで全て猛打賞。先発金村は8回1失点で久々の9勝目。→順位表
                    他球場
日ハム 13 22 3−7
オリックス 10 17 Bu 5−1
6/27 日本ハム対オリックス16回戦:16勝 東京ドーム
勝:金村9勝1敗 S:建山1勝3敗13S 敗:具5勝13敗
日:金村−江尻−岩本−横山−加藤−建山/オ:具−歌藤−谷中−川越−金田
本塁打:高橋信31号・32号、小笠原24号、後藤2号
オバンドー7打点
オバンドーは3回に勝越となる2ランを放つと、5回に2点タイムリー、7回に3ランを放って計7打点と大暴れした。先発ミラバルは6回を2失点にまとめて8勝目。→順位表
                    他球場
ロッテ Bw 5−8
日ハム 15 21
6/28 日本ハム対ロッテ16回戦:13勝3敗 札幌ドーム
勝:ミラバル8勝1敗 敗:黒木3勝4敗
日:ミラバル−加藤−江尻−岩本/ロ:黒木−セラフィニ−小野−山崎−川井
本塁打:高橋信33号・34号、オバンドー20号・21号、ベニー26号
小笠原サヨナラタイムリー
1点を追う最終回、坪井の二塁打でチャンスを作ると、代打島田が同点タイムリー二塁打、さらに小笠原がセンター前にサヨナラヒットを放って鮮やかな逆転勝利を収めた。6回からロングリリーフで好投の江尻が8勝目。→順位表
                    他球場
ロッテ 15 3−1 Bu
日ハム 2X 11 Bw 5−12
6/29 日本ハム対ロッテ17回戦:14勝3敗 札幌ドーム
勝:江尻8勝2敗 敗:川井1勝1敗4S
日:正田−江尻/ロ:清水直−薮田−藤田−川井−内
本塁打:高橋信35号、福浦5号、ベニー27号
岩本エラーに泣く
岩本が3回に2つのエラーで迎えた満塁のピンチで3失点を喫すると、打線も小宮山の軟投の前に沈黙し連勝がストップ。→順位表
                    他球場
ロッテ 12 5−2 Bu
日ハム Bw 7−1
6/30 日本ハム対ロッテ18回戦:14勝4敗 札幌ドーム
勝:小宮山3勝4敗 内1勝3敗1S 敗:岩本5勝1敗
日:岩本−吉崎−立石−加藤/ロ:小宮山−山崎−川井−薮田−藤田−内
本塁打:李5号

4月5月6月7月8月9月日本シリーズ総合成績廃屋譚に戻る